テナント(倉庫)おじさん

昨年からブログでいくつか書き溜めていたものはあったのですが、どうも自分の中でしっくり来なくて。書きかけてお蔵入りみたいなエントリーばかりが溜まっていました。

そんな中、やたら取扱物件で倉庫が増えている事に気づきました。おぉ、事業用の公開物件ほとんど倉庫やん…そう、これは倉庫大好き、テナントおじさんことOの仕業です。

倉庫だらけ

昨年8月にタフト初の商業系仲介専門スタッフとして加入しましたが、そのパフォーマンスは今ひとつ。別のエントリーでどこかのタイミングで書こうかなーと思っていますが、タフトは不動産営業として少々独自の取り組みをしているために、フィットするのに若干時間が掛かるのです。

彼もまた例にもれず、色々とハマりきらず…だったのですが、ここにきてようやく何かを掴んだ様子。営業チームの中でもとっても張り切っていて、クライアントからの人気も上昇中です。

一般的な事務所・飲食店舗からリースバックや土地など、元々幅広いレンジでの取り組みが可能でしたが、その中でも彼は倉庫の案件を最も得意としています。

現地調査から写真撮影まで徹底する彼の倉庫に対する愛は中々のもので、ぶきっちょでアナログな人間ではありますが情熱は十分に伝わりました。

そうなんです、彼はぶきっちょなんです。なんでスランプだったかって?ぶきっちょなのに、なんかスマートぶってたからなのです。非常にわかりやすい。

直近のMTGで色々打ち合わせしていて、もうアレだね。テナントおじさんでいいね。そんな感じでネーミングになりました。カッコつけることをやめた瞬間にイキイキする。素晴らしい。

人が成長する瞬間を見ることが出来るのが、会社運営の一つの魅力です。成長の裏側にはキレイなことだけではありませんが、その瞬間が訪れることが楽しみの一つでもあります。

とはいえ、商業系をはじめ、居住用賃貸仲介も、管理も、売買も。各セクションまだまだ未熟な部分はあり、改善の余地が沢山あります。言い換えれば、伸びしろが沢山あるってことなので、引き続きスタッフの成長を促進しつつも自身の成長、そして会社の成長につなげて、たくさんのクライアントに良いサービスを提供できるようにがんばります。

※あんまり一人のスタッフにフォーカスしてエントリーを書き上げることは少ないのですが、ちょっとした嬉しさから「たまにはこんなのも」ということで。