出張 in 江ノ島

きっかけは、CPMアワード

7月16日~18日は関東方面への出張でした。
5月決算を終えて、関係各位にご訪問し、社内の変化の報告や近況のお伺いなど、順次各地を回って様々な方とご面会の機会を頂いております。

その中で、今回は初の訪問地である江ノ島に行ってきました。CPMを推薦いただき、CPMのアフターパーティーでも色々とお世話になった弊社管理物件のオーナーが住む街です。

実は関東に23年居住していながら、神奈川は意外と行く機会があまりなく。特に江ノ島は未開の地でした。コアなファンが多いこの湘南エリアは、札幌エリアで言う銭函の拡大版のようなイメージなのでずっと興味を持っていたエリアです。

宿泊は8 HOTEL

当日は晴れ模様ではなかったものの、雨もさほど降らずに散策することが出来たのは日頃の行いが良くもなく悪くも無いんだろうな、と思いつつまずはホテルにチェックイン。

ビジネスホテルをリノベーションした藤沢の「8 HOTEL」

エントランスにはレンタルサイクルとトゥクトゥクが。

1Fにはカフェレストランを併設

室内はコンクリート塗装、アイアンと木材がアメリカンな雰囲気の家具がマッチ

リノベーションホテルに興味があり、オススメもいただいたためにこちらに宿泊しました。藤沢という場所だけあって、東京の半額くらいで宿泊出来ました。室内がちょっぴりカビ臭いのですが、面白い試みだなぁと感じつつ満喫。

いざ、江ノ島へ

続いて、江ノ電に乗って散策開始。都電を彷彿とさせる雰囲気ですが、なにせ単線。住宅街を突っ走り、独特の雰囲気を醸し出します。

線路をまたがないと入れない家もありました
鎌倉高校駅で下車。先程の住宅地と景色は大違い

鎌倉高校前で下車して、日本一人気がある(と勝手に思っている)噂の踏切へ。鎌倉高校は漫画「スラムダンク」の陵南高校のモデルだそうで、確かに見覚えのある踏切でした。そして、この踏切でもそうですが、電車に乗っていても観光客がとにかくカメラを向ける向ける。

撮影する観光客を撮影。確かにココだ…

雰囲気を堪能した後、いざ江ノ島へ。ここからは周囲の雰囲気を味わうために徒歩で移動。

海の家「かもめ&ボサノバ」にて一休み。この後、島に入ります。

情緒ある町並みを観光し、江ノ島を堪能。

山のてっぺんから見渡す江ノ島
すごく危なそうで、面白そうな建物
釣り人発見

徒歩散策中、平日でこの天候にも関わらず沢山の観光客とすれ違いました。ただ、江ノ島エリアにはホテルが非常に少なく、箱根や鎌倉への「通過点」としての扱いになってしまうとのこと。昔からのエリアにホテルを建築することが難しいようですが、古くからの町並みを活かした民泊が活性化してきているようです。その辺りの町おこしの話しが聞けて、札幌を含めた近郊エリアの参考にもなりました。

夜はハワイアンのお店で食事したのですが…食事アフターのパンケーキはヤバいです。ボリュームが。

笑顔も引きつる位の山盛り感

観光終了

片瀬江ノ島駅から藤沢へ。

たくさんのおもてなしをいただき、帰路へ。
ここでは書いていないのですが、海外でのビジネスの話や様々な歴史の話、不動産の話などもとても沢山のヒントをいただきました。北の大地に持ち帰り、自社でアレンジできそうな事も多々あったので、この良き経験を活かして行こうと思います。