iPhoneとLightroom

旅行等の荷物を減らしたいときは、最近はスマートフォンのカメラでほぼ全て完結しています。

生粋のWindows+androidユーザーだった私にとって、Apple製品と各デバイスとの連携ってどんなもんだろ…というところが心配でした。

でもやっぱり魅力的なんですよね、ipadとiphoneの2台を同時持ちした時の連動性や専用のアプリケーションもandroidよりも良さげ。 そんなこんなで数ヶ月前からiphone xsとipadの併用を始めました。結果は…今まで何で使ってなかったんだろうレベルの快適さ。 素晴らしい。

そんな中でもios版のLightroomが面白くて。大量な画像の加工は流石にPC版を利用しないとしんどいのですが、ちょっとしたものを加工するにはすごく使いやすいのです。

比較

左が元画像、右がレタッチ後。逆光を補正したら、コーヒー飲みかけの状態で撮影したのがわかっちゃいました。

ipad版のLightroom編集画像

シャドウ(影)を明るくし、全体的に露光量もアップ。

補正

↑は風景ですが、人物写真もこんな感じでイメージチェンジ。↓

Creative Cloud版であれば、月額980円でデスクトップ3台とモバイル全てをカバー。非常に素晴らしい…のですが。

標準のカメラアプリだとピクセルサイズの指定が出来ず、直接アップロード出来ないのが結構面倒。PCならdropboxとの連携などでうまいことやりくり出来るのですが、モバイル単体だとまだまだ手間がかかりそうです。