業者挨拶(管理・賃貸編)

「仲介業者さんへの挨拶(業者周り)は、やっていただけますか?」

ご新規のオーナー様に、質問される項目の一つです。

答えはNOです。これはブログだから、という訳ではなく、ご面談させて頂いたオーナー様全員にお伝えしております。もちろん理由もありまして…。

ただでさえ働き方改革が進む世の中で、業務をコンパクト化している各社に対してアポ無し突撃ってまぁまぁ嫌がられるんですよ。資料を紙ベースで持って行っても捨てられるだけです。そして、なまじカラー印刷で持ち込むものだから捨てにくい…のでスタッフさんの机に積み重ねられ、下の方に行くだけです。そして、たくさんの仲介業者を訪問するにしても…1日作業ですよ。正直しんどい。恐らく、札幌の管理会社だけではなく、全国的にそう感じられているPMスタッフの方も多いかと思います。

※ちなみにCDやDVDに情報を焼いてお持込される方もいらっしゃいますが、 ほとんど見られずに物置行きです。稀に「営業人数分焼いてきました!」という方がいらっしゃいますが…再利用も出来ない上にデスクが散らかるだけなのでお控え頂くことをおすすめします。

しんどいだけならいいのです。結果(効果)が出ればやる価値はありますから。ちなみに、こんなデータがあります。

【実例】

・物件所在…札幌市北区
・北区の仲介業者30社訪問(所要日数2日間)
・レタッチ済みの完璧な写真を元データ・サイト掲載用・資料用の3つにリサイズしUSBに詰め込みプレゼント
・その写真でサイト掲載をしていただいたら、商品券プレゼント
・物件問い合わせは全て携帯直接、24時間365日対応

【結果】

30社「以外」から申し込み入りました。 (from南区)

ご成約はありがたい。と思いつつも「なんでやねん」という気持ちと、「でしょうね」という気持ちもあり…実情はこんなもんです。ちなみに、30社のうち、USBの写真を採用してくださった業者はわずか11社。反響率はごくわずかの上昇。初回訪問から、成約までは3ヶ月掛かりました。
※この結果の「なぜ?」はまた別の記事で書いてみます。

【改善】

さて、同じ物件を今度は全く訪問の手法を使わず、WEB広告のクオリティを充実させました。ここでいうWEBは、SUUMO等のエンド向けではなく、業者向けWEBサイトです。

写真・文字・レイアウト、その他他物件も絡めたキャンペーン等、可視化出来る部分をデザインしました。さて…その結果。1ヶ月での成約です。

もちろん、タイミングもあるかと思います。但し、確率が低いことに対しヒューマン・リソースを大きく使い、更には「アポ無し訪問」で先方の時間も奪う。これは現代の手法とは大きくかけ離れていることでしょう。また、1件の空室に対して2日も使うのも非効率的です。

同じ1日をもっと効率よく、皆様に求められる様にするためは違う手法が必要です。気持ちや熱さも時には重要ですが、空室を埋めるために無駄な労力を割き、肝心な運営がおろそかになってしまえば元も子もありません。

【最後に】

もし!それでも自分で業者周りを行いたい…という熱いオーナーは下記を御覧ください。

・管理スタッフを足に使わず、自身だけで回るべし
→管理スタッフを足代わりに使うとまぁ嫌がられます。(当然ですが)

・手土産持っていくならカラーを出すべき
→ラーメン持って行っても、もはや誰が持ってきたかわかりません。他の挨拶まわりの業者とラーメンだと被るので。ちょっとオシャレな乾き物は◎。

・営業スタッフが出払っている場合は、秒で帰るべき
→事務員さんに熱弁しても伝わらない、というか仕事の邪魔です。

・偉そうにしない(勝手にカウンター席に座らない)
→当たり前ですが。地味に多いので。

以上です。

…色々否定気味書きましたが、管理委託していないオーナーは当然ながら、こういった地道な作業も重要です。立ち位置で戦略は変わりますので、今回は管理者と仲介の現場からのお話でした。