久々のセミナー

クリックで拡大(PC)

シリーズもののセミナー開催

コロナ禍に突入して1年半、すっかり皆さんの前でお話する機会も減りました。当時はありがたいことに色々な方々からお声がけいただき、年に数回は札幌の不動産マーケットや不動産管理、仲介といった様々な議題に加えて学生向けの講演なども行い、不動産業としてのあり方を伝えてきました。

そして、今回超久しぶりにその機会を再びいただく形になり、僭越ながら不動産管理についてお話をすることになりました。場所は岩見沢、空知管内にて不動産を所有されている方に向けての内容となります。6月・8月・10月と3回に渡ってのセミナーです。

岩見沢の地域と不動産管理

以前からこのブログでも岩見沢方面について何度か触れていますが、とても好きな地域です。春先から秋口にかけて非常に穏やかな気候で、澄み切った空の下で自然を感じながら生活することが出来るエリアです。札幌へのアクセスも早ければ30分程度、小樽や千歳と大きく変わりません。また、北海道の中でも豪雪地帯として知られていて、冬の厳しさを一段と感じる地域でもあります。

およそ2年ほどこのエリアを観測しているのですが、不動産業者のパワーバランス、管理手法、建築物の割合、広告宣伝手法など様々な特色が分かりました。とあるワードが非常に少なかったり、間取りのバランスや入居率など。そして建物の点検など、我々が携わることで出来ることは沢山ありそうで、実際に岩見沢の物件に関するお問い合わせもちらほらいただいておりました。今回はそれらについてお話しする予定です。

クリックで拡大(PC)

今回は縁あって、ななほし法律事務所の田村先生と一緒にお話しさせていただく運びになりました。これからの人口減少、高齢化に伴う相続の観点や不動産係争を回避するためのアドバイスを基礎から学ぶことが出来る内容です。
めちゃくちゃ面白い先生で、北海道の司法過疎地の困っている人たちを支えになる、という志からローカルエリアの紛争を多数解決してきたという方です。現在は岩見沢に籍を置いていて、過疎が進行するであろうこのエリアの活性剤となるべく頑張る田村弁護士。一緒に活動できることはとても楽しみです。

地域の皆様に聞いていただくため、今回はこのエリアに居住・または物件をお持ちの方々のみが対象となっております。本当は沢山の方に聞いていただきたいのですが、こういうご時世なので該当されなかった方々へはまた違う機会でお話し出来ればと考えております。

ご興味のある方がいらっしゃれば、どうぞお気軽にお申込みくださいませ。

セミナー参加希望フォーム