進む新築計画

着々進む計画

昨年8月ころから計画を開始し、いよいよ完成に向かって近づいてきました。PMからの目線をたっぷり盛り込んだ新築4層RC計画が11月末に竣工予定です。

外観イメージパース

「札幌にはない建物を」

今回のコンセプトです。外観から設備まで、中々札幌では見かけることが出来ない仕様を目指しています。予算と建築基準、そして高いユーザビリティの兼ね合いを取るのは容易ではなく、毎週のように会社間を超えた、そして施主も交えたチーム会議を実施しながらここまで来ることが出来ました。

  • エントランスに蛇籠設置
  • ステンパイプを使ったスタイリッシュな外観
  • 寒冷地仕様冷暖房エアコン
  • 幅2450mm、奥行5600mmのゆとりある駐車場
  • 高級感あるタイルアプローチ
  • 全室コンセント3個以上設置
  • 収納などの配置を徹底的にブラッシュアップ
  • L45遮音フロアやキッチン仕様などの標準設備のグレードアップ

上記は計画の一部ですが、これらをきちんと収めるには非常に難儀なことでした。特に寒冷地仕様のエアコンの室外機と本体は相当の大きさなので、目立たせないように設置する計画はかなりの議論を要しました。

仕様決定のあれこれ

8月に入りいよいよデザインも大詰めになってきていて、今回の打ち合わせで概ねの仕様が決定しました。エントランスと外観は徹底的にこだわり、内装は比較的シンプルなトーンにまとまりました。いわゆる「デザインクロス」も今回は採用せず、ホワイトと淡いグレートーンで中性的な仕上がりになりそうです。

ただ、キッチンの仕様は相当こだわりました。モルタルのようなカラーリングの面材に、キッチンパネルも薄いグレーで合わせて若干のインダストリアル感をプラスしています。少なくとも札幌の賃貸物件では見たことがない面材なので、仕上がりがとっても楽しみです。

メリハリつけたデザイン

今回は室内同様、あえて浴室もスッキリしたデザインにしています。一面アクセントパネルを配置する手法が多い世の中で、今回はあえて不採用にして全てホワイトで統一。その代わりに、サーモカランとシャワースライドバー、メッキのシャワーヘッドとシルバーカラーをポイントとして導入しています。

アクセントパネルはあえて不採用

アクセントパネルは確かに質感は出せるのですが、照明やカウンター、カラン周りがチープなままのものであったりするとアンバランスな側面も出てしまうこともしばしば。また、長年のメンテナンスを考えてみると、普通のパネルが最も強度が高いようにも感じています。また、メッキを施したシャワーヘッドは賃貸ではほぼ見ることの出来ない高級感漂う仕様になっています。

悩み抜いた間取りと号室配置

相当悩みに悩みましたが、最終的にこのような感じになりました。家具の配置やコンセント配置、ドアの開口方向や照明位置も含めて徹底的に追求し出来る限りデッドスペースを削った形になっています。また、2LDKに関しては洋室を少しコンパクトに設定して、寝室とテレワークルームのように切り分け出来るようになっています。1LDKも2LDKも最大限に収納スペースを広げ、ウォークインクローゼットも大きく作りました。また、そのクローゼット内と玄関付近にもコンセントを設置しており、コードレスクリーナーなども隠れた場所で充電することが可能です。

窓面に机を配置することで自然光が体に当たり、表情が綺麗に見えるように設定しています。また、洋室背面にはオープン収納棚を設置しているので、絵画やインテリアを配置すると画面越しにも好印象を与えることが出来る(はず)でしょう。※2LDKタイプ

また、号室配置はプロジェクトチーム全員で悩みに悩んで、「4」号室も採用しました。長くなるので割愛しますが、これも小さなチャレンジの一つです。

現在の状況

4月1日から着工開始したこちらの物件は、現在4階まで立ち上がりました。8月下旬には各チームのスタッフを交えた現場での意見交換会を予定しています。また、躯体の強度や将来性も考えて、工期に関してはゆとりを持ったスケジュールで構成しています。

iOS の画像 (1)
4/1 着工
2021-04-16 16.52.35
4/16 基礎配筋と電気
写真 2021-05-10 9 22 29
5/10
1階スラブ配筋
2021-05-20 09.15.00
5/20
1階壁型枠
2021-06-14 08.53.02
6/14
2F壁型枠
2021-07-06 09.02.16
7/6
3F壁型枠
2021-08-03 09.19.35
8/3
4F立ち上がり
previous arrow
next arrow
iOS の画像 (1)
2021-04-16 16.52.35
写真 2021-05-10 9 22 29
2021-05-20 09.15.00
2021-06-14 08.53.02
2021-07-06 09.02.16
2021-08-03 09.19.35
previous arrow
next arrow

「見たことのない建物」

このような感じで、施主・設計・建築・コンサル・PMが一体となって毎週の定例会を開催している建物はほぼ皆無であると自負しています。誰かに任せて自動的に立ち上がる、仕組み化が進んだ建物ももちろん良いとは思いますがたまにはこんなに手間を掛けて立ち上がる建物もあっても良いのでは。蛇籠の設置位置とタイルアプローチ横の民地石についてのわずか数センチのついて議論が行われていたのですが、そういった面も含めて本当に今回の計画は細かいです。また、コンサルとPM間において収益分析を繰り返し行い、事業の安全性と予測出来るCF計算やメンテナンス計画も組み入れた予測を実行しています。本物件の計画は長期保有を目的としているため、20年後や30年後の想定も行いました。

ただ見た目が良い、奇抜というだけではなく、どれだけポテンシャルを維持できるか。そして、安全性を保つことが出来るかどうか。そういった部分に関しても綿密に立案しています。

8月下旬より募集を開始しますが、どんな入居者に出会えるのか今から楽しみです。募集条件にもいくつか仕掛けを入れる予定なので、どうぞお楽しみに。

物件情報

物件名 仮)南11西9MS
所在地 札幌市中央区南11条西9丁目3
交通 地下鉄南北線「中島公園」徒歩13分
建築年月日 2021年11月
建物階数 / 階数 4階 / –
構造 鉄筋コンクリート造
間取り / 専有面積 1LDK~2LDK / 55.47㎡~
賃料 / 共益費 52,000円~82,000円 / 3,000円
駐車場 1台 / 14,000円(税別)※未定、変更の可能性あり
敷金 / 礼金 1ヶ月 / 1ヶ月